『キウイγは時計仕掛け』を読みました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この前図書館で見つけて即借りてきた『キウイγは時計仕掛け』(講談社ノベルス 森 博嗣)。

ずっと待ってたシリーズの新作!
待ってたと言いつつ図書館の棚でしかチェックしてなかったから、発売が去年だと知ってびっくりしたんですが…。

この著者の理系的思考が好きなんですよ~。

背筋が伸びるというか、自分の頭の固さを思い知らされるというか。

どの著作を読んでも「そういう見方があるのね!」って目からうろこが落ちまくり。
それが快感なのかも(笑)
本の内容については詳しく触れませんが、シリーズの完結に向けた一つの通過点に過ぎないのかな?という印象。

でも今回はシリーズ主要人物が勢ぞろいで楽しかった~!各人物の変わった部分も変わらない部分も、読んでて口角上がっちゃいました。

この作品がシリーズ全12作中9作目ということなので、残り3冊。

ということは完結まで3年以上かかるかな…。

どう収束していくんだろう。
そもそも収束しないのかな?
とにかく、また次作を楽しみに待ってます!

ロコモプロ楽天

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*