SNSを使った求人の情報集め

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学生になり、親に頼らない立した生活を目指しています。

そのために、雑誌などでアルバイトを探す毎日を送っています。

大学生でも働けるアルバイトがないかと思ったので、インターネットで大学生に限定したアルバイトを調べてみることにしました。

大学にも入ったことだし、アルバイトを見つけるためネットで検索中。

いいアルバイトが見つかるといいなぁ。

アルバイトについて調べた結果、高校生や大学生がやるような仕事は仕事内容が少なくとても楽に働けることに気づきました。

バイトを探していてよく目にする言葉、求人。この求人とはそのものずばり、人を求めているということ。その企業に適した人材を欲しているのです。

あなたの職能や性格にマッチした企業の求人を見つけたら、連絡してみましょう。求人をインターネットで検索すると、求人情報紹介サイトがたくさんヒットします。

仕事を探している人は利用すると良いでしょう。インターネットで調べるとさまざまな条件で希望職種を検索可能な総合求人情報サイトが多くヒットします。

私がアルバイト情報を見るときは、駅からのアクセスを重視していました。通学に電車を利用していたので駅近なら通勤にも便利だと考えたからです。

求人に対するイメージは、インターネットのサイトで大きく変わりました。その最大のイメージは、会社側と求職側の立場が同等化または、それ以上に求職側が優位にたっているということです。

それは、目に見えないがより多くの人に対して呼びかける力を持っているからです。

忌憚なき意見を聞かせてくださいとアルバイト内容に書いてあった食品モニターで働いてみたところ、企業の新製品のお菓子に、「不味い」や「美味しくない」と思ったことを素直に言ってみたら、もっと思ったことを教えてくださいと、私の意見を真剣に聞いてくれました。

アルバイトに応募するときに提出するときの履歴書には志望動機を、面接の時に質問されることを想定して書く必要があります。

履歴書に書いた志望動機と、面接官に質問された時の受け答えの志望動機が違っていると信用されません。これからはSNSで知り合った人から、たくさんの職場に関する情報を得ることで仕事について調べます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*